起床時体重:69.1kg

久しぶりに行った自転車ショップで興味深い話を聞いたのでメモがわりに書いておく。

今、海外(日本も含む?)ではロードバイクの需要はほとんどなくなってしまっているらしい。

順番でいうと、

グラベルロード>MTB>ロード

となっているらしい。

日本ではまだグラベルロードが主流とはなっていないと思うけど

海外ではレース参加に積極的な人は減っていて純粋にサイクリングを楽しみたい人

がグラベルロードを購入しているみたい。

海外は路面の整備が日本ほど整っていないというのはあると思うが、

レースに参加する人口が減っているというのは世界的な状況なのだろう。

実際、今年のJBCFに参加してレースに出ている人に聞いてみても

”去年よりも人数が減った”

という声が多い。

エントリー費が上がったことも要因の一つなのだろうけど単純に競技人口が減っているのかもしれない。

まだ私自身はレース参加をやめるつもりはないけど

そういう流れだということを認識してこれから動いていく必要はあるのかもしれない。

例えば、レースでの成績を目的としたコーチングは需要が減るから

楽しむためのイベントを計画した方がいい、とか。

具体的な方法は思いつかないけど考えるのは意味があると思う。

あとは少しずつでも行動していくこと。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事