GROWTAC T1 インプレッション

届いてから1ヶ月、怪我をしていて乗ることができなかったので

実際に使っているのは2週間ほどだが今のところの使ってみての感想をまとめてみたい。

そもそも(今さら)3本ローラーを購入しようと思ったのは

基本に帰って効率の良いペダリングを身につけないと”ツールドおきなわ”のように

長い距離のレースで結果を出すのは難しいのではないか、と考えたからで

そのことに気づいた結果は昨年(2019)のツールドおきなわの動画を見てから。

最終的に高岡さん、松木さん、井上さんの3人のスプリント勝負となったのだが

最後まで優勝した高岡さんのペダリングが綺麗で無駄がなく見えたからだ。

もちろん、競技歴が全然違うのですぐに自分ができるようにはならないとは思うけど

やれることは少しでもやっておきたい、そんな思いから3本ローラーの購入を決めた。

3本ローラーを選ぶ点で重要視したのは次の2点。

・負荷(500Wくらいまで)がかけられること

・騒音が小さいこと

まず、負荷についてだが前に使っていた3本ローラーは負荷調整ができなかったため

アウタートップにしても回し切ってしまい、負荷をかける練習をすることができなかった。

3本ローラーでもがけるスキルがないため1,000W以上の負荷が必要というわけではないが

少なくともL5くらいの負荷をかけることのできる調整装置は必要だったため

この点は外せない。

ただ、このT1もそうだがZwiftに連動して負荷が勝手に変わるという装置は自分には必要ないかな

と思った。Zwiftは2ヶ月ほどして飽きてしまったので。

次に静かであること。

この点についてはほぼ全ての方が求めるところではないかと思う。

私の知り合いに自宅敷地内にローラー用の離れを建て、

そこでローラーをしているという方がいるがそんなことをできる(する)人はごく少数で

私も含め、多くの方は同居している家族の方(独身の方は隣の部屋など)に気を使いながら

ローラーをしているだろう。

ローラーから生じる騒音については大きく2種類に要因があると私は考えていて

一つはローラーのフレームがたわむなどして発生する振動からくるもの。

まずこの点についてはT1はかなり少ない、と感じる。

これがフレームそのものの剛性(?)のおかげなのか

それとも最初から付けられているブルカットのおかげなのか

その両方なのかはわからないが少ない。

これならば集合住宅であっても階下の方から苦情が来ることもないのではないのだろうか。

騒音についてのもう1点はローラーそのものが回る音やタイヤとローラーが接する時に発生する音である。

この点についてはローラーに直接チェーンをかけて使う(いわゆるダイレクトドライブ方式)ものでは

ないかぎりそこまで大きな差はないのではないかと思う。

騒音についてはアプリで測定したため数値の信頼性は多少低いかもしれないが

200W程度で50dbだった。

総合して考えて負荷もしっかりかけることができ、騒音も少ないため

購入の満足度は高い。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事