メニューは決めずにZwift上のコースを流す。

初めはペースパートナーという機能を使って

強度を決めて走ろうと思ったけど少し試して

意外と強度が高くなりすぎるのでやめた。

(3.2W/kgとなっているはずなのに5倍でも離れていったのはなぜなんだろう)

登りではどうしても強度が上がり、逆に下りでは落ちてしまうので

一定ではないけど2時間弱止まらずとにかく回せたので

ローラーだからこそできることだと思う。

少しずつ時間を伸ばしていきたい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事