体調

久しぶりに痛いところはなく、あんまり練習できてはいないものの

その分疲労はまったくない状態。

1周〜5周

ローリングスタートで始まり、リアルスタートになってから

誰か飛び出すかと思ったけど誰も飛び出さず、かと言って

速いペースで進んでいくわけでもないので

ほぼサイクリングみたいなペースで進んでいく。

途中、6人くらいが飛び出すけどこれもペースが特に上がらないまま捕まってしまったので

集団の人数はほぼ減らず、さらにみんな元気な状態だったと思う。

4周目で優勝した人が飛び出して20秒くらいの差で前をいく。

このままサイクリングペースで続けていてもしょうがないなと思ったので

登り返しでアタックして前の人にブリッジ。

自分の他に誰もついてこなかったので2人逃げになった。

6〜7周

6周目に入るホームストレートで後ろの集団とは30秒差くらいで

そこからは急に広がることも縮まることもなく

最大45秒差まで開くくらいで差はあまり変化しなかった。

下りで差がつくことが多かったので後ろがあまり上手くローテーションできていなさそうなので

逃げ切りのチャンスがありそうと思っていた。

8周(最終周)

2人で最後までいくという選択もあったけど

後ろとの差があまりないのでできれば1人になって前を行った方が

後ろの集団が追いついてきた時に緩んでくれるかもしれないと思って

登り返しで数回仕掛けるけど振り切るまではできず

逆に三段坂で千切られてしまい、さらに後ろの数人にも追いつかれてしまったので

その時点で気持ちが折れてしまった。

反省

・アタックしたこと、タイミングは悪くなかったけど

 2人のローテーションはもっと上手くできることがあったかな。

 集団から逃げ切りのがまず大事だけど2人の勝負に勝てるように立ち回らないといけないな。

今日は移動からレース中の補給まで村岡さんに大変お世話になりました。

ありがとうございました!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事