というタイトルにしたけど、広島から呉に行っただけ。

それでも呉(蒲刈)は気候が違ってかなり走りやすい。

1週間前くらいからとびしまでの練習会に参加させてもらうのを表明していたけど

冨永さん以外に参加する人がいなくて行くのどうしようかな、と思っていて

天気も微妙なのでやめようかと思っていたところ

前日の夜に急に参加者が増えたので行くことに。

7時に家を出るときは雪が降っていて道路には積もっていないけど

橋の上には積もっていて、ブラケットには雪が積もっていく。

走り始めたからすぐに帰るのも嫌だったので呉に向かって行くごとに

天気が良くなって行くことを信じて行くしかない。

幸い、坂あたりで雪が止んでだいぶ暖かくなって走りやすくなる。

9時に広の公園集合で8時半少し前に呉駅あたりに着く。

少し遅刻しそうだなとこの時点では思ったけどトンネルを越えたら

思った以上に早く着いて10分前には到着。

合流して5人で出発。

出発前に今日はなるべくバラけないように、と説明があったけど

結果的にうまくいかなかったな...

安芸灘大橋まではゆっくり移動して、とびしま海道に入ってから本格的に練習開始。

いつもは高速ローテの練習するけど今日は淡々とローテーション。

バラけないように平地は強めに引くけど登りはゆっくりと走る、

を心がけていたけど遅過ぎたのか後ろからペースアップされて前2人、

後ろ3人にバラけてしまう。

できるなら3人まとまって前の2人に追いつきたかったけどやり方がわからず

自分だけ前の2人に合流。

その後は登りがなく3人で大崎下島へ。

少し休憩して改めて5人で復路へ。

復路は特に何も言っていないけどなんとなくフリーの雰囲気。

豊浜大橋を渡った後の農道の登りは行かないので少し長い登りは豊島大橋前の登りだけ。

ここでペースアップされたのについて行くと前は2人だけに。

後ろで休んでいると余裕があったので

アタックすれば決められそうだなと思ったけど

1人になるのが早すぎて練習にあまりならないと思ったので

アタックはせずにトンネル抜けるまでは前を引く。

トンネル抜けて下りに入ったところで先頭交代。

休ませてもらってから次の丘でアタック。

頂上まで踏み切るつもりだったけど途中でタレる。

それでも後ろとは差をつけられたので出会いの館まではTTモード。

でも気持ち良くは踏めず途中無駄にダンシングを入れてしまった。

もっと独走の時に綺麗に走れるようになろう。

帰りは相変わらずエネルギー切れでゆっくり。

時間かけた割に距離は乗れてないなー。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事